読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽけの部屋

うえすとさん達の妄想で溢れてます

幼馴染なジャニーズWEST

 

おはこんちばんは。

ブログ初投稿です、ぽけと申します。

私の常日頃頭の中で作り上げられるうえすとさんの妄想を、まぁ適当に、ゆるく、読んで楽しんでいただければ嬉しいです。

完全に私の頭の中でだけの事なので、読者様のイメージと全然違う事も多いと思いますが、比べながらゆるーく読んでいただければ幸いです。

 

 

 

と言う事で1発目は

幼馴染なジャニーズWESTについて書いていきたいと思います!

個人的に幼馴染になってほしい!!!と強く感じるメンバーについて紹介していきます。

 

 

 

神山智洋

幼稚園の頃からずっと一緒で大人になった今もなんだかんだで私をお世話し続けてくれている彼。華の金曜日、会社の飲み会で終電がなくなってしまった上にタクシーに乗って帰れるほどの手持ちもなかったので、彼に電話すると「はぁ!?お前今何時やと思ってるん!?そもそもこんな時間まで何しててん。…男か?」って探り入れてきちゃう彼。『いや、会社の飲み会で…』と全部事情を説明すると「はぁ…んまお前だけはいつまでたってもほっとけんわ…」って期待しちゃうことをボソッと言うんですよね、期待しますね?いいですよね?

それで結局「…んで今どこやねん。…ん、分かったそこおれよ。」って言って秒で迎えに来てくれるんでしょ、冬だったらあったかい大好きなココア買って来て助手席乗せてくれるんでしょ。ごちそうさまです。

 

 

小瀧望

彼は私より1つ年下のくせにいつも生意気。中学はまだしも、高校まで私と同じとこに入学してきた上に部活まで同じでなかなか離れられない。『なんで望、高校まで真似してくるんよ、』「別に真似してへんわ!たまたまや!」って言い合いも何度したか…そして私が卒業して大学生、望が高校3年生になった夏休み、私がバイトから帰ってくると家の前に人影が…「あ、〇〇〜!!俺家の鍵忘れたからいーれーてっ」って必殺甘えた首コテンを使ってきてあっけなくやられて入れちゃう。部屋に入れた瞬間私より何十センチも高い望がいきなりうしろから抱きしめてきて『え…望…?』「…一個差やとこーやって離れる時期あるから嫌。俺の知らへん1年が出来るんやもん。」って今までなんでそんなに同じにしてきたのか全部感じ取らせるんですよね!!!!!好きとは言わないけど感じ取らせるんですよね!!!!ずるい!!!!

 

 

重岡大毅

お互い社会人になったにも関わらず、月に一回は必ず飲み会が開催されている。「ほんでお前彼氏とかできたん」『いや、今は仕事で必死』「そんなん言うてできひんだけやろ、どうせ」とか言いながらカウンター横に座って枝豆口にほりこみながらキャハキャハ笑ってくる彼。『うっさい!』と肩パンしたら「うおっ!ゴリラはやっぱりパンチ力ちゃうわ!」とか言うくせに、「まぁ、もし誰ももらってくれへん〜って俺に泣きついてきたら俺がお前のこともらったってもええで。」とか突然言うからびっくりして言い返せなかったら「もらうちゃうわ、”飼育”やわ〜!」ってまた笑ってくる。バッチリ決めれなくて、最後は笑いで誤魔化しちゃう。かわいい。

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、こんな感じで…

個人的に神山さんにはお前呼びされたくて、幼馴染の距離感と言うことで優しさよりもキツく当たってくる、のを求めてます。もんち最高。

 

 

 

今回はこの辺で…

また更新したいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました😋